FOLLOW US

降格危機から救うダイビングヘッド…ブンデス公式HPが清武をMOMに

貴重な先制点を挙げた清武 [写真]=Bongarts/Getty Images

 23日に行われたブンデスリーガ最終節で、日本代表MF清武弘嗣と同DF酒井宏樹が所属するハノーファーはフライブルクと対戦し、2-1で勝利した。

 同試合でチームに貴重な先制点をもたらした清武が、ブンデスリーガのドイツ語版公式HPでマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

 清武は4試合連続となる先発出場をすると、開始直後の3分にダイビングヘッドで得点を挙げた。同HPによると、ブンデスリーガで清武がヘディングゴールを決めるのはこれが初めてだという。

 ハノーファーは84分に相手のオウンゴールで加点すると、その後の反撃を1点に抑え2-1で勝利。13位まで順位を上げ、最終節で1部残留を決めている。

 なお、酒井は出場停止のため、メンバーから外れていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA