2015.05.20

岡崎のボルシアMG移籍が加速か…エースの独代表FW移籍で後釜に

岡崎
ボルシアMG移籍が報じられる岡崎 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ボルシアMGが、マインツに所属する日本代表FW岡崎慎司の獲得に本格的に乗り出す可能性が高まった。19日付のドイツ誌『キッカー』など各メディアが報じている。

 昨シーズンの6位から、今シーズンは3位とさらなる躍進を遂げチャンピオンズリーグ出場権を獲得したボルシアMG。しかし、10日にエースのドイツ代表FWマックス・クルーゼがヴォルフスブルクへ移籍することが発表され、FWの補強は必須となった。

 そこで白羽の矢が立っているのが、ここまでブンデスリーガで12ゴールをマークしている岡崎の存在だ。同誌は岡崎について「ゴールを脅かし、素早い動きを見せ、運動量があり、戦術的にプレーできるという全ての要素を兼ね備えている」と紹介し、「174cmしかないのに非常に高いヘディングの能力を持っている」とも記されている。

 マインツを率いるマルティン・シュミット監督は「(岡崎に対する)オファーは無い」とコメントし、クリスティアン・ハイデルGM(ゼネラル・マネージャー)も同様に交渉の事実を否定した。しかし、岡崎のマインツの契約は2016年6月30日までとなっているため、クラブは移籍金が発生する今夏に放出することを検討。そうなればボルシアMGへの移籍の可能性はますます高くなると伝えられている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る