FOLLOW US

原口フル出場のヘルタ、フランクとドローで残留に近づく…長谷部もフル出場

フランクフルト戦に先発出場した原口(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第33節が16日に行われ、FW原口元気とMF細貝萌が所属するヘルタ・ベルリンと日本代表MF長谷部誠と同MF乾貴士が所属するフランクフルトが対戦した。原口と長谷部は先発出場、乾はベンチスタート、細貝はベンチ外となっている。

 あと一歩で1部残留の状況にいながら、3連敗を喫してしまったヘルタ・ベルリン。この試合で勝利を収め、残留を決めたいところだ。一方、フランクフルトは前節7試合ぶりに勝利を収め、一足先に残留を決めている。

 ホームで勝利が欲しいヘルタ・ベルリン。14分、カウンターから右サイドを持ち上がった原口が、中央へ切り込みシュート。しかし、ここは相手DFのブロックに遭ってしまった。

 続く40分、ドリブルで中央を突破したサロモン・カルーがペナルティエリア手前から左足でシュート。しかし、ここはわずかにゴール右に外れてしまう。このまま0-0で前半を折り返す。

 後半立ち上がりの54分、ヘルタ・ベルリンに決定機が訪れる。アレクサンダル・イグニョフスキからボールを奪ったカルーがキーパーと一対一となる。しかし、カルーのループシュートはGKケヴィン・トラップにキャッチされてしまった。

 なかなか得点を決められないヘルタ・ベルリン。80分、ペナルティエリア手前左でカルーがボールを持つと、ペナルティエリア内に抜けだした原口へ絶妙なスルーパス。原口は左足でダイレクトシュートを放ったが、ボールは左に外れてしまった。

 このまま試合終了のホイッスルが吹かれ、0-0のスコアレスドローに終わった。原口、長谷部はともにフル出場、乾に出場機会はなかった。

 最終節、ヘルタ・ベルリンは敵地でホッフェンハイムと、フランクフルトはホームでレヴァークーゼンと対戦する。

【スコア】
ヘルタ・ベルリン 0-0 フランクフルト

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA