2015.04.19

大迫&長澤先発のケルンと原口先発のヘルタの対戦はスコアレスドロー

大迫勇也
ヘルタ戦に先発出場した大迫(左) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第29節が18日に行われ、MF細貝萌とFW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと日本代表FW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンが対戦した。原口、大迫、長澤が先発出場し、細貝はベンチ外となっている。

 最初にチャンスを作ったのはヘルタ。17分、左CKの流れからペア・シェルブレットがクロスボールを上げると、ファーサイドのラングカンプセバスティアン・ラングカンプが頭で合わせたが、GKティモ・ホルンが好セーブを見せて得点を許さない。

 続く30分、シェルブレットがゴール前のヴァレンティン・シュトッカーとのワンツーでペナルティエリア内に侵入する。そのままキーパーと一対一となるが、シュートはわずかにゴール右に外れてしまった。

 攻め込まれるケルンも反撃に出る。35分、ペナルティエリア右でロングボールを受けたミショ・ブレチュコが、ヘルタのマルヴィン・プラッテンハルトをかわし、シュートを放ったが、ここは守護神トーマス・クラフトがなんとか凌いだ。結局、スコアレスのまま前半を折り返す。

 後半も最初にチャンスを掴んだのはヘルタ。59分、右サイドのペテル・ペカリークがクロスボールを供給すると、中央でサロモン・カルーがヘディング。しかし、うまく合わずに流れたボールを原口が詰めにいくが、ゴールの左上に外れた。

 直後の62分、ケルンは長澤を下げてヤニック・ゲルハルトを投入する。続く79分、ゴール前のの大迫が右サイドのゲルハルトにパスを送ると、ダイレクトでゴール前へグラウンダーの折り返し。ここにアンソニー・ウジャーが飛び込んだが、ダイレクトシュートはクラフトの正面だった。

 このまま試合は終了を迎え、ヘルタ・ベルリンとケルンの一戦はスコアレスドローに終わった。なお、大迫と原口はフル出場、長澤は62分まで出場した。

 次節、ヘルタ・ベルリンは敵地でバイエルンと、ケルンはホームでレヴァークーゼンと対戦する。

【スコア】
ヘルタ・ベルリン 0-0 ケルン

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
3pt
ハダースフィールド
3pt
マンチェスター・C
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レガネス
3pt
バレンシア
3pt
アスレティック・ビルバオ
0pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る