2015.04.17

離脱者相次ぐドルトムント、スボティッチとケールも負傷欠場

ケール(右)とスボティッチ(左) [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

 ドルトムントは18日に行われるブンデスリーガ第29節で、パーダーボルンをホームに迎える。

 ポーランド代表DFウカシュ・ピシュチェクやトルコ代表MFヌリ・シャヒン、ドイツ人MFオリヴァー・キルヒが負傷離脱している中、セルビア代表DFネベン・スボティッチと元ドイツ代表MFセバスティアン・ケールの負傷欠場が決まった。日本語版クラブ公式HPが伝えている。

 スボティッチは椎間板を負傷。ケールは肋骨を骨折している。負傷者を多く抱える状況だが、「多くのクラブがそうだ」とは、ユルゲン・クロップ監督。「それについてできることは何もない。状況を受け入れて戦うだけ」と語るにとどまった。

 ドルトムントはブンデスリーガ第28節を終え、9勝6分け13敗の勝ち点33で10位。パーダーボルンは、6勝9分け13敗の同27で16位となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
ワトフォード
4pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レガネス
3pt
バレンシア
3pt
アスレティック・ビルバオ
0pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る