2015.04.15

監督のソファーが盗難? 空き巣被害に遭ったパーダーボルン公開の動画が話題に

アウクスブルク戦で得点を喜ぶパーダーボルンの選手たち [写真]=Bongarts/Getty Images

 11日に行われたブンデスリーガ第28節で、自動降格圏の17位に沈んでいたパーダーボルンが、7試合ぶりとなる得点を決め、アウクスブルクに2-1の勝利。勝ち点3も手にし、順位を1つ上げることに成功した。そんな歓喜に沸く同クラブが今、別の話題で大衆紙『ビルト』など複数ドイツメディアに取り上げられている。

 13日午前、パーダーボルンはフェイスブックのクラブ公式ページに、とある動画を掲載。黒い服装で覆面をかぶった3人組の男が12日から13日にかけての深夜、同クラブのホームスタジアム『ベントラー・アレーナ』に侵入する様子が防犯カメラによって撮影されており、犯人たちはたった2分の間にアンドレ・ブライテンライター監督が普段愛用しているソファーを持ち去ってしまった。

 そして同クラブはこの映像を公開するとともに、「警察に通報し、捜査を開始してもらう予定」とフェイスブック上で発表した。

 しかし、これは通常より約2週間遅れの“エイプリル・フール”。

 つまり3人の泥棒はクラブの従業員で、全てが完全なる自作自演。管轄するビーレフェルト警察署もドイツメディアからの質問に対し「被害届は何も来ていない」と話しているそうだ。

 念のためパーダーボルンも周囲に迷惑をかけないよう、1週間前に同警察署へ「スタジアム周辺で撮影をする」と連絡を入れたようだが、ビーレフェルト警察の広報担当ミヒャエル・ビーアマン氏いわく、「詳しい内容は教えてもらえなかった」という。

 ただし、普段はバイエルンやドルトムント、シャルケなどのビッグクラブに注目が集まる中で、この話題作りは一定の成果を上げた。たった半日足らずで動画は9万回以上再生され、クラブ史上初のブンデスリーガを戦っているドイツ中西部の小クラブは一躍“時のクラブ”となっている。

 ちなみにベントラー・アレーナは昨年10月に本物の空き巣被害に遭っており、今回の自虐ネタについて『ビルト』は「これが残留争いの手助けになるかどうかは疑問だが…」と記している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング