FOLLOW US

シャルケが主将の移籍容認か…会長「退団を望んでも腹を立てたりしない」

国外移籍が噂されるヘーヴェデス [写真]=Bongarts/Getty Images

 日本代表DF内田篤人が所属するシャルケのクレメンス・テンニース会長が、移籍が噂されるチームの主将・ドイツ代表DFベネディクト・ヘーヴェデスについて言及した。

 シャルケとへーヴェデスは2017年まで契約を結んでいるが、1800万ユーロ(約23億円)の違約金で移籍が可能という契約解除条項が盛り込まれている。同選手に対しては、アーセナルやトッテナムなどプレミアリーグのクラブが獲得に乗り出していると報じられ、海外移籍の可能性が取り沙汰されていた。

 12日にドイツ放送局『SPORT1』のトーク番組に出演したテンニース会長は、「その条項で両者が合意している。シャルケに貢献してくれた選手が『国外でプレーをしてみたい』と言うことに、腹を立てたりはしない」とシャルケの功労者であるへーヴェデスに一定の理解を示していた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA