FOLLOW US

各メディアが2ゴール演出の大迫を大絶賛…MOM&ベスト11にも選出

2得点に絡む活躍を見せたケルンのFW大迫勇也 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第28節が12日に行われ、日本代表FW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンはホッフェンハイムと対戦し、3-2で勝利を収めた。

 この試合に両選手は先発出場。大迫は20分にファウルを誘いPKを獲得する。これを味方がしっかりと決めて先制に成功。53分には、中盤でボールを受けた長澤がゴール前でフリーになっていた大迫へパス。大迫はペナルティエリア右で動き出していたアンソニー・ウジャーを見逃さず、絶妙なスルーパスを送る。ウジャーが冷静にキーパーとの一対一を制し、ケルンが日本人2人の活躍で追加点を決めた。

 ドイツの各メディアは、2ゴールに絡んだ大迫を絶賛。ドイツ誌『キッカー』は、「1.5」(最高点1、最低点6)のチーム最高点をつけ、マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出した。「大迫は常にボールを受ける体勢を取り、攻撃では常に存在感を示した。先制点に繋がるPKを獲得し、ウジャーのゴールをアシストした」と評価すると、第28節のベストイレブンにも選んでいる。

『EXPRESS』は、「まるで消防隊のような猛烈な勢いをつけると、その姿はピッチのあらゆるところで見られ、そこからチームをホーム3勝目に導くPKを獲得した」と見出しにつけると、最高評価の「1」を与え、「素晴らしい身のこなしでPKを獲得。そしてチーム2点目もウジャーへの見事なパスでアシストした」と称えている。

 同じく『Kölner Stadt-Anzeiger』も「1.5」の高得点をつけると、以下のように称賛している。

「強い意志を押し通してPKを獲得。チャンスを逃すこともあったとはいえ、相手ディフェンダーは、全く大迫をコントロールできず。電光石火のように走り、常にパスを受けられる体勢を取った。さらに、2点目のアシストもパーフェクトだった。まるで新戦力のようだった」

 また、今シーズン初の先発出場を果たした長澤に対しても、高めの採点がついている。『キッカー』は「2.5」、『EXPRESS』は「3」をつけ「見事にチーム2点目を導いた。サプライズ起用にしっかりと応えた」と評価した。『Kölner Stadt-Anzeiger』は「2」の高得点を与えると、「驚きのスタメン抜擢となった。ボールを持つと再三いい動きを見せ、競り合いにもしっかりと入っていた。2点目のお膳立てもあったが、長澤がチームにとってプラスになったのは、そのプレーだけではない」と記し、先発起用の期待に応えたと評価している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA