FOLLOW US

大迫1アシスト&PK獲得の活躍でケルンが勝利…長澤は今季初先発

ホッフェンハイム戦に先発出場した大迫勇也 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第28節が12日に行われ、日本代表FW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンとホッフェンハイムが対戦した。大迫と長澤はともに先発出場している。

 4試合ぶりの勝利を目指すケルンは、大迫が5試合ぶりの、長澤が今シーズン初の先発メンバー入りとなった。一方、ホッフェンハイムは前節のボルシアMG戦で大敗。ヨーロッパリーグ出場権圏内を目指すためにも、負けられない戦いとなる。

 試合は先発起用された大迫が攻撃を引っ張る。3分、ドリブルでペナルティエリア右に侵入すると、相手DFキム・ジンスが大迫を倒したが、ファウルとはならなかった。さらに直後の4分にも大迫が右足シュートを狙ったが、ゴール左に外れた。

 一方のホッフェンハイムも攻める。11分、右サイドをナディエム・アミリが駆け上がると、斜めのパスに走りこんだケヴィン・フォラントがキーパーと一対一に。しかし、ケルンGKティモ・ホルンがなんとか防いだ。

 迎えた20分、ホッフェンハイムのエルミン・ビチャクチッチが自陣ペナルティエリア付近でロングボールの処理を誤ると、大迫が見逃さなかった。身体を入れ替えてチャンスになりかけると、ビチャクチッチはたまらず大迫を倒し、ケルンにPKが与えられる。これをキッカーのマティアス・レーマンがしっかりと決めて先制に成功した。

 勢いに乗るケルンは、24分にも長澤がチャンスを迎えたが、相手DFのファウルすれすれのプレーに阻まれてしまう。その後も両チームともに相手ゴールへと迫ったが、スコアは動かず1-0で前半を折り返す。

 後半立ち上がり、先にゴールを決めたのはケルンだった。53分、中盤でボールを受けた長澤がゴール前でフリーになっていた大迫へパス。大迫はペナルティエリア右で動き出していたアンソニー・ウジャーを見逃さず、絶妙なスルーパス。ウジャーが冷静にキーパーとの一対一を制し、ケルンが日本人2人の活躍で追加点を決めた。

 ここまで優位に試合を運んでいたケルンだったが、一転ピンチを迎えることになる。70分、ホッフェンハイムのアントニー・モデストがキーパーと一対一となる。ここでケルンのパヴェウ・オルコフスキが後方からタックルを見舞い、ホッフェンハイムにPKが与えられる。オルコフスキはこのプレーで一発退場となった。これをオイゲン・ポランスキがしっかりと決めて、ホッフェンハイムが1点差に詰め寄る。

 72分、10人となったケルンは長澤を下げて、ミチョ・ブレチュコを投入した。

 ケルンにとっては嫌な流れが立ち込めたが、ここでスーパープレーが飛び出す。78分、左サイドのハーフウェーライン付近でボールを拾ったヨナス・ヘクターがドリブルを開始。ここから相手DF4人を次々とかわし、エリア内に持ち込むと、右足シュート。これが相手DFに当たりながらゴールに吸い込まれ、ケルンが貴重な追加点を手に入れた。直後の81分に大迫を下げてトーマス・ブレーカーを投入する。

 ホッフェンハイムは、88分のCKからモデストが得点し、再び1点差に詰め寄ったが、このまま試合は終了し、3-2でケルンが接戦を制した。なお、長澤は72分まで、大迫は81分までプレーしている。

 次節、ケルンはMF細貝萌とFW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと対戦する。

【スコア】
ケルン 3-2 ホッフェンハイム

【得点者】
1-0 20分 マティアス・レーマン(PK)(ケルン)
2-0 53分 アンソニー・ウジャー(ケルン)
2-1 70分 オイゲン・ポランスキ(PK)(ホッフェンハイム)
3-1 78分 ヨナス・ヘクター(ケルン)
3-2 88分 アントニー・モデスト(ホッフェンハイム)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA