FOLLOW US

チームに攻める姿勢を求める乾「俺は前から行くべきだと思った」

バイエルン戦に途中出場した乾貴士(中央) [写真]=Anadolu Agency/Getty Images)

 ブンデスリーガ第28節が11日に行われ、日本代表MF長谷部誠と同MF乾貴士が所属するフランクフルトは敵地でバイエルンと対戦し0-3で敗れた。試合後、この試合に途中出場した乾が記者団の取材に応えている。

 バイエルンに2点を先行された71分から途中出場した乾。試合について「もう、バイエルンは流石だなって…細かい差をすごく感じました」と、反撃に出る前に3点目を奪われた試合を振り返った。

 点差を詰めるために投入された乾だが、思った以上にチーム全体が引いてしまった。これについては「俺は前から行くべきだと思ったんですけど、みんな引く感じだったので、まあ一人で追ってる感じで」と、チームの消極的な姿勢がもどかしかった様子。

 ビッグクラブであるバイエルンと対戦してみた感想としては「サッカーがもう違いますし…前半はもう4-0、5-0でもおかしくなかったです。GKのケビン(・トラップ)が止めてくれなかったらね、1-0で終わってはなかったと思いますし。力の差っていうのは、はっきり見えましたね」と、改めて力の差を見せつけられたことが印象的だったとしている。

 そういった強豪とも対戦できるブンデスリーガについては「それが一つの楽しみでもありますし。前半戦はベンチで、後半戦もベンチで…まあ途中からは出ましたけど。やっぱり先発で出たかったのかなと思いますけど」と、先発メンバーから落ちた悔しさをにじませた。

 シーズン終盤に向けては「後6試合なので、全力でやるだけです」と意気込みを語っている。

 次節、フランクフルトはホームでボルシアMGと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA