FOLLOW US

原口、8戦ぶり先発も決定機逸…独メディア「相手の守備に大苦戦」

パーダーボルン戦に先発出場したFW原口元気(右)[写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第27節が5日に行われ、FW原口元気とMF細貝萌が所属するヘルタ・ベルリンはパーダーボルンと対戦し、2-0で勝利を収めた。

 地元メディア『Sportal.de』は、同試合に出場した選手の採点と寸評を発表。2月6日に就任したパル・ダルダイ監督のもと、初めての先発出場を果たした原口には「4」(最高点1、最低点6)の採点をつけた。

 原口について、同メディアは「色んなことを試したが、パーダーボルンのコンパクトな守備に大苦戦した。さらに87分には、相手GKへの接触プレーなしに足がもつれ、勝負を決定づける2点目を決め損ねた」と、最大のチャンスを逃した場面を指摘している。

 ヘルタ・ベルリンは次節、日本代表のMF清武弘嗣とDF酒井宏樹が所属するハノーファーと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO