FOLLOW US

シュトゥットガルトは最下位脱出ならず…2位のヴォルフスブルクに完敗

ベンチに入るも、出場機会がなかった酒井高徳(中央)[写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第27節が4日に行われ、ヴォルフスブルクと日本代表DF酒井高徳の所属するシュトゥットガルトが対戦した。先日のウズベキスタン戦に出場した酒井は、ベンチからのスタートとなった。

 試合が動いたのは前半終了間際の41分だった。ヴォルフスブルクは、左サイドからドリブルで仕掛けたダニエル・カリジュリが、フロリアン・クラインのファウルを誘いPKを獲得。これをリカルド・ロドリゲスが確実に沈め、先制に成功する。

 このままヴォルフスブルクリードで前半が終わるかと思われた直後の44分、左サイドに流れたフィリップ・コステッチからのクロスをマーティン・ハルニックがヘディングで合わせ同点とした。シュトゥットガルトが追いつき、前半を1-1で折り返す。

 ヴォルフスブルクは65分、FKのチャンスを得る。キッカーのロドリゲスが左足でゴール前に入れると、距離はあったがボールはそのままゴールに吸い込まれた。76分にはアンドレ・シュールレが移籍後初ゴールとなる追加点を挙げた。

 試合は3-1で終了し、ヴォルフスブルクが勝利した。酒井に出場の機会はなく、シュトゥットガルトは最下位脱出とはならなかった。

 ヴォルフスブルクは次節、フライブルクと対戦。敗れたシュトゥットガルトはブレーメンと対戦する。

【スコア】
ヴォルフスブルク 3-1 シュトゥットガルト

【得点者】
1-0 41分 リカルド・ロドリゲス(PK)(ヴォルフスブルク)
1-1 44分 マーティン・ハルニック(シュトゥットガルト)
2-1 65分 リカルド・ロドリゲス(ヴォルフスブルク)
3-1 76分 アンドレ・シュールレ(ヴォルフスブルク)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO