FOLLOW US

ブンデス公式、同点弾の岡崎をMOMに選出…スプリント数は最多

ボルシアMG戦で同点ゴールを奪った岡崎 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第24節が7日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するマインツはボルシアMGと2-2で引き分けた。同試合でゴールを挙げた岡崎が、ブンデスリーガ公式HPでマン・オブ・ザ・マッチに選ばれている。

 試合はボルシアMGが2点を先制。しかし、マインツは73分にドイツ人MFヨハネス・ガイスの得点で1点を返す。さらに77分、ロングスローからチャンスをつかみ、最後は岡崎のヘディングシュートで同点に追いついた。

 チームの勝ち点1獲得に貢献した岡崎に対し、ブンデスリーガ公式HPは「彼は2015年最初の得点を挙げた。3本のシュートを放ち、スプリント数は他の選手を大きく上回る46回を記録した」と評価。同選手をマン・オブ・ザ・マッチに選出した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA