2015.03.04

独杯8強のドルトムント監督「勝利を得られたから万事オーケー」

笑顔を見せるクロップ監督 [写真]=Bongarts/Getty Images

 DFBポカール3回戦が3日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは、3部所属のディナモ・ドレスデンと対戦し、2-0で勝利した。

 チームを率いるユルゲン・クロップ監督は試合後、「満足している。我々の気骨を試される試合だったね」とコメント。格下相手の戦いを、「いくつかトライしたが、もう少し賢く戦っていれば楽だったかもしれない」と振り返った。

 一方、敵将のペーテル・ネメト監督は「試合で貫いた戦術には満足している。先制点を奪われるまで一度も決定機を作らせなかった」と、敗れたものの戦いぶりには一定の評価を与える。クロップ監督も、「ここでの試合は難しかった。ボールを持つたびに、ピッチに苦戦させられた」と認めた。

 それでも、終わってみればドルトムントが完封勝利。「90分で2-0の勝利を得られたから、万事オーケー」と、指揮官も4シーズン連続のベスト8入りを喜んだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る