2015.03.02

“プロフェッサー”ことラングニック氏、マインツ前監督を来季招聘か

ライプツィヒでスポーツディレクターを務めるラングニック氏 [写真]=Bongarts/Getty Images

 現在ブンデスリーガ2部に属するライプツィヒでスポーツディレクターを務めている“プロフェッサー(教授)”ことラルフ・ラングニック氏が、昨季まで日本代表FW岡崎慎司が所属するマインツの監督を務めていたトーマス・トゥヘル氏を、来季の新監督として招聘する考えがあることを認めた。

 1日、ドイツ誌『スポーツビルト』が伝えている。

 それによるとラングニックSDは「もちろんトーマスは我々の要求するレベルを満たした人物だ。しかし彼と契約できるかはまだ分からない。はっきり言って、来シーズン我々が1部でプレーする可能性よりも、2部で過ごす確率のほうが高い。だが、果たして彼がそれを望むだろうか?」と話しているという。

 ライプツィヒは先月11日にアレクサンダー・ツォルニンガー前監督を解任し、アヒム・バイアーロルツァー氏を新指揮官として内部昇格させたが、『スポーツビルト』によると同氏とトップチームの契約は今季限りまでとされているようで、ラングニックSDは後任探しに追われているそうだ。

 トゥヘル氏は昨シーズン最終節を終えた後、マインツとの契約を1年残しながら突如として辞任。現在はフリーの身だが、一方的な契約解除だったため「今シーズン中は他クラブの指揮をしない」という約束をマインツと交わしているとされている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る