2015.02.22

アウクスブルク守護神が土壇場同点ボレー弾「本当に信じられない」

ヒッツ
後半ATに同点弾を決めたGKヒッツ(中央) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第22節が21日に行われ、アウクスブルクとレヴァークーゼンが対戦し、2-2の引き分けに終わった。同試合で、アウクスブルクのGKマルヴィン・ヒッツが同点ゴールを決めたことが話題になっている。

 5位アウクスブルクと6位レヴァークーゼンの上位対決となったこの試合。ホームで先制されながらも同点に追いついたアウクスブルクは、その後レヴァークーゼン・ゴールに迫ったが、なかなか勝ち越し点を決められないでいた。

 逆に84分、レヴァークーゼンのドイツ代表MFシュテファン・ライナルツが放ったミドルシュートが、アウクスブルクDFに当たり決まってしまうと、一転して敗戦の危機を迎えることとなる。

 後半アディショナルタイム、そんなチームのピンチを救ったのは、守護神のヒッツだった。アウクスブルクのコーナーキック、最後のチャンスとみて前線に上がっていたヒッツは、右サイドのMFショーン・パーカーが上げたクロスボールに反応。味方に当たりワンバウンドしたボールを、右足でニアに蹴りこんだ。

 試合後、ヒッツはクラブ公式HPのインタビューに応え「本当に信じられないよ。僕は今までゴールしたことが無かったんだ」と、自身の得点に驚きを隠せない様子。

 続けて得点シーンを振り返り、「コーナーの前に監督とアイコンタクトをとって、前線に上がった。クリアされたボールを、ショーン・パーカーがもう一度上げて、最後は僕のところにきた。ほとんど彼のおかげだよ」と、味方のアシストが良かったと謙遜している。

 ブンデスリーガにおいて、GKが流れの中で得点を挙げたのは、1997年の元ドイツ代表GKイェンス・レーマン氏(当時シャルケ所属)、2002年の元同国代表GKフランク・ロスト氏(当時ブレーメン所属)に次ぐ3度目のことだった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る