2015.02.16

フル出場の清武、攻撃面の課題を語る「点が入る気配はなかった」

清武弘嗣
パーダーボルン戦にフル出場した清武(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第21節が15日に行われ、MF清武弘嗣とDF酒井宏樹が所属するハノーファーは、パーダーボルンに1-2で敗れた。

 同試合にフル出場した清武は、FKで逆転ゴールを許したシーンについて「最近はああいう場面で入る雰囲気があります。ちょっと、チーム状況はまずいかなと思います」と述べた。

 押し込む時間帯はあったものの、セットプレーからのゴールしか挙げられなかったことに関しては「チャンスはありましたけど、点が入る気配はなかったです。フィニッシュに近いところまで行ったとしても、(シュートを)打ててはいないと思うので。もっと普通に(流れの中から)ゴールが入ってもいいんじゃないかなと思います」と語った。

 さらに、清武は攻撃面について言及。「最後まで自分たちのサッカーを貫き通せばいいと思います。最後に蹴るというのは監督も求めていないし、僕としては、あまり納得はいかないです。最後まで貫き通すのか、パワープレーみたいにするのかは、もう1回話し合いたいです」と、終盤になると前線にボールを放り込む場面が多いことを課題に挙げた。

 ハノーファーは現在、リーグ戦5試合未勝利で10位。降格圏まで勝ち点4差の状況に関しては「苦しいです。次のケルンと、シュツットガルトに勝っておきたいです」とコメント。今後に向けて「1試合勝てれば、ガラッと変わると思うので、大丈夫だと思って頑張ります」と意気込みを示した。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る