2015.02.15

ブンデス屈指のキッカー、MFユヌゾヴィッチがブレーメンと契約延長

ユヌゾヴィッチ
ブレーメンとの契約を延長したユヌゾヴィッチ [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブレーメンは13日、同クラブに所属するオーストリア代表MFズラトコ・ユヌゾヴィッチとの契約を2018年6月末まで延長したことをクラブ公式HP上で発表した。

 ブンデスリーガ屈指のフリーキッカーとしても知られるユヌゾヴィッチは、DF内田篤人所属のシャルケなど数多くのクラブから誘いを受けていた。同選手は「簡単なことではないよ。でも正しい決断をしたと思う」と、移籍に気持ちが揺らいだこともあったが、残留を決断したという。

 その理由については「ブレーメンは僕にとって第二の故郷のようなもの。素晴らしいファンとともに素晴らしいものを掴みとれると、確信して僕は契約にサインした。ファンはどんな時も僕らの後ろについていてくれる。本当にリスペクトしているし、感謝の言葉を述べたい」と、クラブとファンに対し感謝の意を表している。

 現在27歳のユヌゾヴィッチは、旧ユーゴスラヴィア出身のオーストリア人で、2012年にアウストリア・ウィーンからブレーメンに入団した。今シーズンは19試合で4ゴールを決めているが、そのいずれもが直接フリーキックによる得点である。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る