FOLLOW US

内田、ブンデス100試合目は採点伸びず「チャンスを作り出せなかった」

バイエルン戦に出場したシャルケのDF内田篤人(左)[写真]=Bongarts/Getty Images

 DF内田篤人が所属するシャルケは3日、ブンデスリーガ第19節でバイエルンと対戦し、1-1で引き分けた。

 地元メディアは同試合の採点と寸評を発表。この試合でブンデスリーガ100試合目の出場を果たした内田に、『Revier Sport』は「3-」(1が最高、6が最低)の採点をつけ、「(トーマス・)ミュラーが、内田からあらゆる落ち着きを奪い、43分には、それが手痛い結果になるところだった。攻撃では、(逆サイドのクリスティアン・)フクスよりは勇敢だったが、ハイライトをもたらすまでには至らなかった」と評価している。

 また『Westdeutsche Allgemeine』は、「強い闘争心を持って、右サイドを上下に走り、不意に相手陣内に顔を出すこともしばしばあった。もっとも、チャンスとなる攻撃シーンを作ることはできなかった」と評し、「4」とやや厳しめの採点をつけている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO