FOLLOW US

バイエルン指揮官、4失点の敗戦で相手チームを称賛「おめでとう」

ヴォルフスブルク戦に臨んだグアルディオラ監督 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第18節が30日に行われ、バイエルンはヴォルフスブルクと対戦し1-4で敗戦。試合後、バイエルンを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が試合を振り返った。クラブ公式サイトが同日に伝えている。

 同試合でバイエルンは、前半の内にヴォルフスブルクのオランダ代表FWバス・ドストに2ゴールを許すと、後半に入っても、ベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネに2得点を挙げられて4失点。後半にスペイン人DFフアン・ベルナトの1ゴールだけしか決められなかったバイエルは、1-4で敗戦し今シーズン後半の初戦でリーグ初黒星を喫した。

 試合後、グアルディオラ監督は、「ヴォルフスブルクの方が良いプレーをし、正しい時間に得点を決めていた。おめでとう」と相手チームに称賛の言葉を送ると、「今日の試合をしっかり分析し、次の試合に集中する必要がある」と、この敗戦を次戦への糧にすると語った。

 バイエルンは、2月3日に行われるブンデスリーガ第19節で、日本代表DF内田篤人が所属するシャルケと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA