2015.01.30

内田篤人が8位に選出…ドイツの監督50人が選ぶ2014年MVP

内田篤人
シャルケに所属するDF内田篤人 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドイツのスポーツ誌『レヴィーアシュポルト』によって2014年のレヴィーア最優秀選手が発表され、日本代表DF内田篤人が8位に選出された。29日、シャルケの公式サイトが伝えている。

 レヴィーア最優秀選手は、ドイツ・ルール地方の上級リーグで活躍する50人の監督によって選出。1位には、シャルケで主将を務めるドイツ代表DFベネディクト・ヘーヴェデスが輝いた。

 また、2位にはドルトムントのドイツ代表DFマッツ・フンメルスがランクイン。3位には、シャルケのGKラルフ・フェールマンが選出されている。

 シャルケからは、内田も含め3人がトップ10入りを果たした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
53pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る