2015.01.20

ピッチ乱入サポがリベリーを叩いた問題などでHSVに罰金処分

リベリー
ピッチに乱入したHSVサポーター(左)とリベリー(右奥) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ルールを逸脱したサポーターの行為により、ハンブルガーSVに罰金が科された。DFB(ドイツサッカー連盟)公式HPが伝えている。

 ハンブルガーSVのサポーターは問題行動が目立っており、昨年10月29日に行われたバイエルンとのDFBポカール2回戦では、終了間際に観客がピッチへ乱入し、マフラーでリベリーの顔を叩く事件が起きた。

 また、バイエルン戦以外にもスタンドからライターがピッチに投げ込まれるなど、処分の対象となる行為があった模様。サポーターの不適切な行動や、セキュリティーが万全ではなかったことを踏まえ、DFBスポーツ裁判所はハンブルガーSVに5万5000ユーロ(約750万円)の罰金を科した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る