2014.12.14

山田大記が今季6得点目で勝利に貢献…8戦負けなしで暫定2位に浮上

山田大紀
今季6得点目を挙げたカールスルーエのMF山田大紀(中央)[写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ2部第17節が13日に行われ、MF山田大記が所属するカールスルーエは敵地で1860ミュンヘンと対戦した。

 0-1で迎えた後半、山田のアシストからFWロウベン・ヘニングスが同点ゴールを決める。67分には、山田が今シーズン6得点目となる勝ち越しゴールを挙げ、さらに2分後、チーム3点目を演出。山田が放ったシュートのこぼれ球を、再びヘニングスが押し込みリードを広げる。74分に1点を返されるも、逃げ切ったカールスルーエが3-2で勝利。暫定2位に浮上した。

 全3得点に絡む活躍を見せた山田は、「正念場だと思った」と試合を振り返った。ブンデスリーガ日本語版公式HPがコメントを伝えている。

 1ゴール1アシストでチームの勝利に貢献した山田は、「ゴールは自分でもよく見えてなくて、変な感じでした。その後のシュートも決められれば良かったんですけど、バーに当たってしまった。チームメイトが押し込んでくれて良かったです」とコメント。試合内容については、「逆転勝ちは初めて。目標の『昇格』を達成するためには、最初から集中して先制するのが前提だけど、それでも失点するゲームはある。それを逆転することはとても大事なことだと思うので、そういう意味で今日のゲームはすごく良かったと思います」と語り、手応えを示した。

 8試合負けなしのカールスルーエは暫定2位に浮上。山田は「せっかく前節で3位になったので、前半で先制を許したときは本当に正念場だと思いました。今日負けたらなかなか厳しいんじゃないかと。(ブンデスリーガに)上がるためには、勝ち点を取りこぼすことはできない」と話し、年内の残り2試合を勝利で終えたいと気合いを入れた。

 今シーズン6得点目を挙げた山田は、「自分が点を取った試合は全部勝っていることが嬉しいです」と、チームを勝利へ導くゴールが決められていることを喜んだ。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング