2014.12.13

長谷部と乾先発のフランクフルト、終盤の決勝被弾で4戦ぶり黒星

長谷部誠
長谷部(中央右)と乾(右)が先発も、フランクフルトは敗戦 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第15節が12日に行われ、ホッフェンハイムと日本代表MF長谷部誠、同MF乾貴士のフランクフルトが対戦。長谷部と乾はともに先発出場した。

 先制点を奪ったのはホッフェンハイムだった。43分、ロベルト・フィルミーノからのスルーパスに反応して最終ラインの背後を取ったケビン・フォランドがスピードに乗ったドリブルでペナルティーエリア内へ。飛び出してきた相手GKをかわし、左足で流し込んだ。前半は1-0で終了した。

 1点ビハインドで後半を迎えたフランクフルトは58分に反撃。ペナルティーエリア手前で長谷部が粘り、相手に倒されながらも左サイドへ展開する。パスを受けたバスティアン・オツィプカが中央へクロスを送ると、最後はシュテファン・アイグナーが合わせてゴールネットを揺らした。

 同点に追いついたフランクフルトだが、8分後の64分に勝ち越しを許す。右サイドからクロスを上げられ、中央でシュートを許すと、最後はこぼれ球をアダム・サライに押し込まれた。

 フランクフルトは再び1点を追う状況に。75分、乾に代えてグスタヴォ・ピアソンを投入すると、2分後に同点弾が生まれる。77分、ハリス・セフェロヴィッチがチーム2点目を挙げ、スコアは2-2となった。

 打ち合いとなった一戦。終止符を打ったのはホッフェンハイムの10番だった。右CKからゴール前で混戦となり、最後はフィルミーノが押し込んだ。

 試合は3-2で終了。ホッフェンハイムが2度追いつかれながらも終了間際に突き放し、打ち合いを制した。フランクフルトはリーグ戦4試合ぶりの敗戦。長谷部はフル出場した。

【スコア】
ホッフェンハイム 3-2 フランクフルト

【得点者】
1-0 43分 ケビン・フォランド(ホッフェンハイム)
1-1 58分 シュテファン・アイグナー(フランクフルト)
2-1 64分 アダム・サライ(ホッフェンハイム)
2-2 77分 ハリス・セフェロヴィッチ(フランクフルト)
3-2 87分 ロベルト・フィルミーノ(ホッフェンハイム)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
44pt
リヴァプール
42pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
レアル・マドリード
29pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
35pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る