2014.12.08

フル出場の岡崎が2戦連発で今季8点目…チームは敗れて6戦未勝利

岡崎慎司
ジュルーとボールを奪い合う岡崎(左) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第14節が7日に行われ、ハンブルガーSVと日本代表FW岡崎慎司が所属するマインツが対戦した。岡崎は先発出場している。

 前節の試合で敗戦を喫しているチーム同士の対戦。17位に低迷するハンブルガーSVは、ホームで今シーズン4勝目を目指した。対するマインツは前節終了時点で10位。現在リーグ戦5試合未勝利と苦しい状況が続いている中、約1カ月半ぶりの勝利を狙い、今回の一戦に臨んだ。

 序盤は互いにパスが繋がらない展開が続く。中盤でボールが行き交う状況の中、最初にチャンスをつかんだのはハンブルガーSVだった。14分、ペナルティーエリア手前左でFKのチャンスを得ると、ピエール・ミシェル・ラソッガが直接ゴールを狙う。しかし、ボールは壁に当たり、得点には結びつかなかった。

 一方、アウェーのマインツは岡崎にボールがわたらず、攻撃の形を作ることができない。30分にサミ・アラギ、岡崎、フィリップ・ジュリチッチとパスが繋がり、ようやく前線のコンビネーションでゴールに迫ったが、シュートを打つ前にDFにカットされた。

 スコアが動いたのは32分。ハンブルガーSVが右サイドから攻撃を仕掛け、ゴール前にクロスを入れると、最後はニコルチェ・ノヴェスキのクリアミスを見逃さなかったクレーベルが先制ゴールを決めた。さらにハンブルガーSVは40分、41分とニコライ・ミュラーがシュートを放つ。追加点は奪えなかったものの、良いリズムで前半を終えた。

 迎えた後半も、ハンブルガーSVがチャンスを得る。48分、右サイドからのクロスをアルチョムス・ルドニェフスが合わせたが、シュートは枠を外れた。しかし54分、再び右サイドから攻撃を仕掛けると、ラソッガのクロスがノヴェスキの腕に当たってPKを獲得。これをラファエル・ファン・デル・ファールトが確実に決めてハンブルガーSVがリードを広げた。

 2点を追いかけるマインツは、62分に岡崎がチャンスメイク。ペナルティーエリア内右から中央へ折り返すと、アラギがシュートを放つ。だが、ボールはGKの正面に飛び、得点は生まれなかった。その後、選手交代で状況の打開を図ったマインツは、89分にCKから最後は岡崎が頭で合わせて2戦連発となるゴールを奪う。しかし、攻撃の歯車は最後まで噛み合わず、同点に追いつくことはできなかった。

 試合はこのまま終了となり、2-1でハンブルガーSVが勝利。敗れたマインツはリーグ戦6試合未勝利となった。なお、リーグ戦8点目を奪った岡崎はフル出場している。

【スコア】
ハンブルガーSV 2-1 マインツ

【得点者】
1-0 32分 クレーベル(ハンブルガーSV)
2-0 54分 ラファエル・ファン・デル・ファールト(ハンブルガーSV)
2-1 89分 岡崎慎司(マインツ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る