2014.12.07

独メディア、清武に低評価「セットプレーでしか姿を見せなかった」

清武弘嗣
ヴォルフスブルク戦に出場したハノーファーのMF清武弘嗣(右)[写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第14節が6日に行われ、MF清武弘嗣とDF酒井宏樹が所属するハノーファーはヴォルフスブルクと対戦し、1-3で敗れた。ハノーファーは今季2度目の3連敗を喫し、ここ3試合で10失点と大量失点が続いている。

 地元メディア『Sportal.de』は同試合に出場した選手の採点と寸評を発表。先発出場し、68分までプレーした清武には「4」(最高点1、最低点6)の採点をつけ、「開始早々、先制点の好機を足もとに収めていたが、相手GKディエゴ・ベナーリオに阻まれてしまった。その後はセットプレーでしか姿を見せず、そのセットプレーも相手にとって脅威を与えるものではなかった」と記した。

 フル出場した酒井に対しては「3.5」と及第点を与え、「2回の失点は、ともに彼の右サイドからのものだったが、いずれも彼の責任ではない。それ以外では、彼のサイドでチャンスを与えることはなかった。しかしながら、攻撃に関しては、上手くいくプレーがほとんどなかった」との評価を下している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る