2014.11.23

大迫がアシスト決めるもケルンは不運なFKで惨敗…細貝、原口も出場

大迫
途中出場でアシストを決めた大迫 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第12節が22日に行われ、FW大迫勇也、MF長澤和輝が所属するケルンと、FW原口元気、MF細貝萌が所属するヘルタ・ベルリンが対戦した。細貝は先発出場、大迫、原口はベンチスタート、長澤はベンチ外となった。

 前節ホッフェンハイムとの乱打戦を制したケルンは、ヤニック・ゲルハルトが先発メンバー入り。一方、連敗中のヘルタ・ベルリンはディフェンスラインのメンバーを変更してきた。

 一進一退の攻防が続く試合は、アウェーのヘルタ・ベルリンが均衡を破る。28分、右サイドでパスを受けたロイ・ベーレンスがヴァレンティン・シュトッカーとのパス交換から、ペナルティエリアに侵入。ディフェンダーをかわすと、そのまま左足を振り抜き、先制点をあげた。

 先制を許したケルンは33分、アンソニー・ウジャーがロングシュートを狙うが枠を捉えきれない。

 その後ヘルタ・ベルリンは、アニス・ベン・ハティラのドリブル突破を中心に攻め込んだが、シュートまで持ち込めない。結局、1-0でヘルタ・ベルリンがリードして前半を折り返した。

 流れを変えたいケルンは、後半開始から大迫を投入し反撃に出る。55分、パヴェウ・オルコフスキが強烈なシュートを放つが、キーパーの正面に飛んでしまった。すると直後にケルンの反撃が実る。58分、カウンターから大迫がセンターサークル付近でボールを受けると、ターンして前線のウジャーにスルーパスを出す。オフサイドラインをかいくぐったウジャーは、キーパーとの一対一を制し、ゴール右隅に流し込む。

 勢いに乗ったケルンは63分、ミショ・ブレチュコのクロスにウジャーがボレーで合わせたが、惜しくもクロスバーに嫌われ、勝ち越しとはならない。70分にも、ロングボールに抜け出したウジャーがチャンスを迎えたが、シュートはミートしきれなかった。

 流れを引き戻したいヘルタ・ベルリンは73分に、原口を交代で送り込む。

 84分、ケルンはカウンターからオルコフスキが決定機を迎えるが、左足から放たれたシュートは、枠の右にそれてしまう。

 ケルンがチャンスを作っていたが、思わぬ形で勝ち越し点が生まれる。86分、ヘルタ・ベルリンがゴール前でフリーキックを獲得すると、マルセル・ヌジェングが直接狙ったシュートは、壁に入っていたウジャーに当ってコースが変わる。力ないボールも、逆を突かれたGKティモ・ホルンは反応できず、ヘルタ・ベルリンが勝ち越しに成功する。

 最後は判定をめぐって小競り合いも起きたが、このまま2-1でヘルタ・ベルリンが勝利した。なお、細貝はフル出場し、大迫が後半開始から、原口は73分から出場している。

【スコア】
ケルン 1-2 ヘルタ・ベルリン

【得点者】
0-1 28分 ロイ・ベーレンス(ヘルタ・ベルリン
1-1 58分 アンソニー・ウジャー(ケルン
1-2 86分 マルセル・ヌジェング(ヘルタ・ベルリン

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る