FOLLOW US

プロレスラー目指す元独代表GK、WWEのテストマッチでデビューへ

テスト生としてWWEデビューが決まったヴィーゼ氏 [写真]=Bongarts/Getty Images

 元ドイツ代表GKのティム・ヴィーゼ氏が、15日に開かれるアメリカのプロレスリング団体「WWE」のフランクフルト大会で、テスト選手としてデビューすることが明らかになった。12日付のイギリス紙『デイリー・メール』が報じている。

 2014年1月にホッフェンハイムとの契約を解除し退団したヴィーゼ氏は、その屈強な体格がWWEの目に留まり、9月にプロレスラーとしてのオファーを受け取ったことを明かした。さらに、そこから激しいトレーニングに励んだ同氏は、見事な肉体美を披露し話題になっていた。

 しかし、ドイツ紙『ビルト』はヴィーゼ氏とWWEは、まだ正式契約を交わしていないと伝えている。WWEの上層部は、同氏がプロとしてリングに上がるには、さらなる訓練とショーマンシップを学ばなくてはならないと考えており、今回のフランクフルト大会はヴィーゼ氏にとってのテストの機会となる。

 現在32歳のヴィーゼ氏は、カイザースラウテルン、ブレーメンホッフェンハイムなどでプレー。2008年にはドイツ代表に初招集を受けると、南アフリカ・ワールドカップではバイエルン所属のGKマヌエル・ノイアーに次ぐ第2キーパーとして選ばれていた。

 WWEとの正式契約向け、どんなパフォーマンスを披露してくれるのか。今、ヴィーゼ氏のプロレスラーという第二の人生が実現しようとしている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO