2014.11.09

フル出場の酒井高徳にやや低めの評価「単純な技術ミスも多い」

酒井高徳
ブレーメン戦に先発フル出場したシュトゥットガルトのDF酒井高徳 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第11節が8日に行われ、日本代表DF酒井高徳が所属するシュトゥットガルトはブレーメンと対戦した。0-2の完封負けを喫したシュトゥットガルトは、連敗で降格圏に転落している。

 地元メディア『Sportal.de』は同試合の採点と寸評を発表。2試合ぶりに先発出場した酒井には「4」(最高点1、最低点6)の採点を与えた。

 同メディアは、「競り合いでは手堅く3分の2を制し、引いて守るブレーメン相手に守備の仕事は少なかった。そのため、酒井は絶えず攻撃を仕掛けたが、好機につながることは殆どなかった。単純な技術ミスも多く、ペナルティエリアへのクロスも相手にとっては怖さを与えるものではなかった」と、やや厳しい評価を下している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る