2014.11.08

バイエルンDFアラバ、右ひざの手術が無事終了…14日間はギプス着用

ダヴィド・アラバ
ひざの手術が成功したバイエルンのDFアラバ [写真]=Bongarts/Getty Images

 バイエルンは7日、オーストリア代表DFダヴィド・アラバのひざの手術が成功したと発表した。クラブ公式HPが伝えている。

 アラバは5日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第4節のローマ戦で右ひざを負傷。6日に精密検査を受けた結果、内側側副じん帯の部分断裂と、内側半月板の損傷が判明した。

 手術したひざが固定されるまでの14日間はギプスを着用し、その後はサポーターをしながら理学療法とリハビリに専念する。

 今回の負傷について、アラバは「調子が良かったから、とても辛い。手術後、医師の許可が下りたら、すぐにリハビリを始めるよ。スタッフの力を借りて早く復帰したいと思っている」と述べていた。

 ジョゼップ・グアルディオラ監督は、来年1月初旬に予定している合宿へは全員連れて行くことを強調しており、担当医師もそれについて前向きな見解を示している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る