2014.11.02

清武のFKからOG誘発…ハノーファーがフランクフルトを下し2連勝

先発出場した清武(左)と長谷部(右)  [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第10節が1日に行われ、日本代表DF酒井宏樹とMF清武弘嗣が所属するハノーファーと日本代表MF長谷部誠とMF乾貴士が所属するフランクフルトが対戦した。

 ハノーファーは酒井と清武が先発出場。フランクフルトは長谷部が先発出場し、乾はベンチスタートとなった。

 試合はホームのハノーファーが攻勢に出るがなかなか決定的なチャンスを作れない。そんな中、19分にハノーファーは、エリア内の左からホセルが中に折り返し、走り上がってきたジミー・ブリアンがヘッドで合わせてネットを揺らすも、ファールの判定でノーゴールとなった。41分には、清武の右CKのこぼれ球を、レオナルド・ビッテンコートが拾ってミドルシュートを放つが、これは枠の右に逸れた。前半はそのまま終了し、スコアレスで折り返す。

 後半の立ち上がりも、ハノーファーが攻勢に出る。49分に、清武がエリア内でシュートを放つが得点とはならない。57分には、中央からのパスで抜け出した酒井が右サイドからクロスを入れる。それに反応したホセルが合わせるも相手GKがはじき出した。

 62分にフランクフルトは長谷部に代えてアレクサンダル・イグニョフスキを、ダヴィド・キンソンビに代えてバスティア・オツィプカを投入。そのフランクフルトは70分に、右サイドからのボールをエリア内中央で受けたゾニー・キッテルがワンタッチでDFを振り切ってシュートを放つが、GKキャッチ。

 直後の71分にはハノーファーがカウンターを仕掛ける。ロングボールで右サイドを抜け出したビッテンコートが、中に切り込んで左足を振り抜くが、ボールは力弱く、GKがキャッチした。81分にフランクフルトは、エリア内左でフリーだったヴァーツラフ・カドレツが、シュートを打つがGKの正面。さらに82分には、右サイドからマイナスの折り返しを入れると、アレクサンダー・マイアーが合わせるが枠ををとらえられない。

 すると88分、ついに均衡が破れる。ハノーファーは右サイドでFKを獲得。ドルトムント戦でFKでの決勝点を決めた清武がゴール前にボールを送ると、マルセロが合わせる。枠をとらえられなかったが、ボールはフランクフルトDFアレクサンダー・マドルンクのひざにあたり、ゴールに吸い込まれてオウンゴールとなった。試合終了目前でハノーファーが先制に成功した。

 試合はそのまま終了。ハノーファーがオウンゴールの1点でフランクフルトに1-0の勝利を収め、2連勝を決めた。清武と酒井宏樹がフル出場。長谷部は62分までプレーし、乾に出番はなかった。

【スコア】
ハノーファー 1-0 フランクフルト

【得点者】
1-0 88分 オウンゴール(アレクサンダー・マドルンク)(ハノーファー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る