FOLLOW US

内田篤人、今季2アシスト目で勝利貢献…鮮やか突破から決勝点演出

会心のアシストを決め、ガッツポーズを見せた内田 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第10節が10月31日に行われ、DF内田篤人の所属するシャルケとアウクスブルクが対戦。前日に2018年6月までの契約延長を発表したばかりの内田はリーグ戦6試合連続の先発出場となった。

 開幕9試合で、勝ち点11の12位と出遅れているシャルケ。ホームに9位のアウクスブルクを迎えた一戦となったが、キックオフ直後にユリアン・ドラクスラーが負傷。4分にチネドゥ・オバシが投入され、選手交代枠を1つ使ってしまう。

 いきなりのアクシデントで攻撃の中心選手を失ったシャルケだが、37分に先制点を獲得する。自陣で内田が相手パスをカットするとドリブルを開始。そのまま相手陣右サイド深い位置まで、一気に侵入すると、中央への低く速いクロスにクラース・ヤン・フンテラールが合わせて、ネットを揺らした。内田は第7節のホッフェンハイム戦以来、リーグ戦3試合ぶりとなる今シーズン2アシスト目となった。

 前半でリードを得たシャルケは後半、アウクスブルクに押し込まれる場面が続いたが、内田を含めた守備陣が無失点でしのぎ切り、そのまま1-0で勝利した。内田はフル出場を果たしている。

 シャルケは今シーズン4勝目で勝ち点を14に伸ばした。5日にはチャンピオンズリーグ・グループリーグ第4節で、日本代表FW田中順也が所属するスポルティング・リスボンとホームで対戦する。

【スコア】
シャルケ 1-0 アウクスブルク

【得点者】
1-0 37分 クラース・ヤン・フンテラール(シャルケ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO