2014.10.19

岡崎が2点目の起点になる活躍で4試合ぶりの勝利…今季負けなし

岡崎慎司
アウクスブルク戦に先発出場したマインツのFW岡崎慎司(右)[写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第8節が18日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するマインツとアウクスブルクが対戦した。岡崎は前節のボルシアMGに続き、1トップで先発出場を果たした。

 3試合連続で引き分けの続くマインツは、ホームで白星を懸けた一戦を迎える。対するアウクスブルクは、敵地で2試合ぶりの勝利を目指す。

 試合は序盤から、両チームが積極的に攻撃を仕掛けにいくが、思うように決定機を作り出すことができない。18分、岡崎がペナルティエリア内でパスを受け、反転してシュートに持ち込もうとするが、これは相手DFに防がれる。

 すると20分、左サイドを駆け上がったヨナス・ホフマンがパスを受けペナルティエリアに侵入。ドリブルでパウル・フェルハーフをかわすと、ゴール左隅へと流し込んだ。3分後、右サイド深い位置からのスローインをペナルティエリア内で受けた岡崎がマイナスのクロスを上げる。相手DFが一度はブロックするが、こぼれ球に反応したハイロが右足でゴール右隅に突き刺し、マインツが一気に2点を奪う。一方のアウクスブルクも反撃に出るが、マインツの手堅い守備を前にゴールを挙げることができない。

 マインツのリードで迎えた後半、アウクスブルクはニコラ・ジュルヂッチに代えてティム・マタヴジュを投入する。70分、ペナルティエリア手前右の位置で獲得したFKをトビアス・ヴェルナーが直接狙ったが、ゴール上に逸れる。78分、左サイドからのクロスに、ゴール前の相手DFの間に走り込んだトビアス・ヴェルナーがヘディンングで合わせ、1点を返す。

 マインツは、サミ・アラギのシュートなどで追加点を狙うも、得点には至らず。アディショナルタイムにもアウクスブルクの猛攻は続いたが、リードを守り切ったマインツが逃げ切り勝利。4試合ぶりの白星を手にした。岡崎はフル出場している。

 次節、マインツはヴォルフスブルクと、アウクスブルクはフライブルクと対戦する。

【スコア】
マインツ 2-1 アウクスブルク

【得点者】
1-0 20分 ヨナス・ホフマン(マインツ)
2-0 23分 ハイロ(マインツ)
2-1 78分 トビアス・ヴェルナー(アウクスブルク)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る