2014.10.05

ケルンに競り勝ち連勝にも長谷部「自分たちで難しい試合を作った」

長谷部誠
得点を喜ぶフランクフルトのMF長谷部誠(中央)[写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第7節が4日に行われ、MF長谷部誠とMF乾貴士が所属するフランクフルトと、FW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンが対戦。打ち合いの末、フランクフルトが3-2でケルンを下した。

 試合を振り返った長谷部は、「自分たちで難しい試合を作ってしまったと思います。もう少し、しっかりした試合運びをしないといけなかったかなという感じはあります」と課題を口にした。

 同試合、長谷部は左MFで先発出場。ポジションについては、「相手によって自分のやるポジションが変わるので、頭の切り替えというか、整理してプレーしないといけない。そういう点では、今のところ上手く適応できているかなと思います」とコメント。連勝中に2週間のリーグ中断期間に入るが、「とにかく上を見ていきたい」と次節のパーダーボルン戦で再び勝利を掴み、順位を押し上げていきたいと語っている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る