FOLLOW US

フル出場の内田が得点に絡むも一歩及ばず…シャルケ4試合ぶり敗戦

ホッフェンハイム戦にフル出場した内田 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第7節が4日に行われ、ホッフェンハイムと日本代表DF内田篤人の所属するシャルケが対戦した。内田は右サイドバックで先発出場している。

 試合は13分に動く。ホッフェンハイムは右サイドからチャンスを作ると、ケヴィン・フォラント、ロベルト・フィルミーノとつなぎ、折り返しに合わせたタリク・エルユヌシのゴールで先制した。

 勢いに乗るホッフェンハイムは、29分にもシャルケゴールに迫る。中盤でボールを奪うと、フィルミーノのパスに抜け出したアダム・サライが右足を振り抜き、追加点を奪った。

 2点のリードを許したシャルケも反撃を試みるが、75分にジョエル・マティプがこの試合2枚目のイエローカードを受けて退場。数的不利の中、83分に内田からのパスを受けたクラース・ヤン・フンテラールが、ドリブルからミドルシュートを決めて1点を返したが、反撃はここまで。2点目を奪うことができず、試合はタイムアップを迎えた。

 2-1で勝利を収めたホームのホッフェンハイムは無敗をキープ。一方、シャルケはリーグ戦4試合ぶりの黒星となった。なお、内田はフル出場している。

【スコア】
ホッフェンハイム 2-1 シャルケ

【得点者】
1-0 13分 タリク・エルユヌシ(ホッフェンハイム)
2-0 29分 アダム・サライ(ホッフェンハイム)
2-1 83分 クラース・ヤン・フンテラール(シャルケ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA