2014.09.30

フランクフルト地元紙、長谷部に及第点「非常にアグレッシブ」

長谷部誠
ハンブルガーSV戦に出場したMF長谷部誠(左)とMF乾貴士(右)[写真]=Bongarts/Getty Images

 ドイツ・フランクフルトの地元メディアは、ブンデスリーガ第6節のハンブルガーSV対フランクフルト戦における日本人選手の採点と寸評を発表した。

 先発フル出場の日本代表MF長谷部誠は、先制点の起点になったことや、積極的なビルドアップが評価された。MF乾貴士については、残り時間が少ない中での出場となったが、及第点が与えられている。

 両選手の採点と寸評は以下のとおり。

■長谷部誠(フランクフルト)
対ハンブルガーSV戦(1-2◯)フル出場
『Frankfurter Rundschau』
採点:So lala(まあまあ)
寸評:先制点の生みの親。この得点シーンは、前半ベストの連係プレーでもあった。いつも成功とはいかなかったが、積極的にビルドアップを試みていた。非常にアグレッシブ。

■乾貴士(フランクフルト)
対ハンブルガーSV戦(1-2◯)71分、途中出場
『Frankfurter Rundschau』
採点:So lala(まあまあ)
寸評:ちぐはぐな試合に途中から出場。見ている人は、フランクフルに新監督が就任したことを感じただろう。アーミン・フェー前監督のもとでは、乾が投入されることは決してなかったのだから。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る