2014.09.25

226日ぶり出場の内田篤人、復帰戦でベスト11…最多タッチ数も

シャルケでは、今年2月以来の出場だった [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第5節を終え、ドイツ紙『ビルト』とドイツ誌『キッカー』が出場各選手のプレーを採点。今シーズン初出場を果たしたシャルケのDF内田篤人が、高評価を受けている。

 ひざの負傷から復帰した内田は、23日にアウェーで行われたブレーメン戦にフル出場。3点目に絡み、3-0の今シーズン初勝利に貢献していた。

 内田はクラブで226日ぶりの出場だったが、『ビルト』紙からチームトップタイの「2」(最高点1、最低点6)と評価され、ベストイレブンにも選出された。また、『キッカー』誌では「2.5」と採点され、チーム最多の76回のボールタッチを記録したと伝えられた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る