2014.09.24

ブレーメンに胃腸炎が蔓延…感染防止へハイタッチ禁止令も

胃腸炎が蔓延しているブレーメン [写真]=Bongarts/Getty Images

 23日のブンデスリーガ第5節で日本代表DF内田篤人のシャルケをホームに迎えたブレーメンで、選手やスタッフ同士による“ハイタッチ(握手含む)禁止令”が出ているという。ドイツ紙『ビルト』が23日に伝えている。

 同紙によると、原因はブレーメンで蔓延している胃腸炎ウイルス。22日現在で、ドイツ人GKラファエル・ヴォルフやU-21オーストリア代表GKリヒャルト・ストレビンガー、オーストリア代表DFセバスティアン・プレードル、元ドイツ代表DFクレメンス・フリッツ、ドイツ人MFフェリックス・クロース、ドイツ人FWニルス・ペーターゼンら6選手がこの病気に罹患し、そのうちストレビンガーとペーターゼンは練習にも参加できないほどの症状だという。

 幸いにも、ヴォルフとクロースはシャルケ戦に出場できたが、どこからウイルスがやってきたのか解明できていないだけに、ブレーメンのロビン・ドゥット監督以下スタッフたちは依然として神経を尖らせている。

 これ以上の感染を防ぐために同監督が出した苦肉の策は、お互いのハイタッチや握手を禁止するというもの。そしてロッカールームをはじめ、クラブハウスのドアノブなどには重点的に消毒が撒かれたとのことだ。

 ブレーメンは次節、21日に強豪レヴァークーゼンを4-1で破った好調ヴォルフスブルクと対戦する。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る