2014.09.01

酒井宏樹、スコアレスドローも「精一杯の勝ち点じゃないですかね」

酒井宏樹
苦しいチーム状況を語ったハノーファーの酒井宏樹 写真=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第2節が31日に行われ、日本代表DF酒井宏樹と同MF清武弘嗣が所属するハノーファーと、同FW岡崎慎司が所属するマインツが対戦。酒井は右サイドバック、清武はトップ下、岡崎は1トップでそれぞれ先発出場した。試合は0-0のまま終了。マインツは2試合連続引き分け、ハノーファーは連勝を逃した。なお、酒井と岡崎はフル出場、清武は73分までプレーしている。試合後、酒井宏樹がインタビューに答えた。

 引き分けとなった試合について酒井は「精一杯の勝ち点じゃないですかね。ずっと攻められてましたし」と苦しい試合であったことを語ったが、一方で「課題はもちろん一杯ありますけど、勝ち点1を取れたのは良かったんじゃないかなと思います。しっかり踏ん張れたってことは良かったと思いますね」と勝ち点1を拾えたことを前向きに捉えた。

 相手チームとして対峙し、岡崎については「狙いを定めて蹴られてるんでいいところにボールは落ちてきますし、相手がDFの裏とか、ゴールに向かって走るようなボールを相手は蹴ってきてきた。でもオカさんなんでヘディングで跳ね返せると思ってたんですけど、上手くハマらなかった」と準備していた対策が上手くいかなかったことを明かした。

 直前に迫ったハビエル・アギーレ監督体制での日本代表戦については「こっちで今すごくいい調子で来てますし、監督からもしっかりケアしながら試合してこいって言われてる。代表のほうもしっかり切り替えて、また終わったらこっちでできるように、うまくフレッシュに切り替えるってことが大事なんじゃないかと思います」と日本代表とクラブとの両立する上で、切り替えの重要性を述べている。

 またシーズン序盤の重要な時期にチームを離れることについて「コンディション的にも別に悪くはないですし、ちょっと今帰るのはもったいないかなって(笑)自分的には。もちろん光栄なことなのでしっかりプレーしますけど。でも今チームとしてすごいいい流れに乗ってたんで、ここで抜けるのがすごい心残りです。残っている選手たちに負けないように日本でしっかり練習してきたいと思います」と複雑な心境ながら意気込みを語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る