FOLLOW US

同点ゴールに絡んだボーフム田坂、地元メディアは「ベストプレーヤー」

ウニオン・ベルリン戦にフル出場したボーフムMF田坂祐介(左) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ2部の第3節が25日に行われ、MF田坂祐介所属のボーフムがウニオン・ベルリンと対戦。田坂は先発フル出場した。

 ドイツ地元メディア『Revier Sport』が第3節の採点と寸評を発表。同点ゴールに絡んだ田坂は「2」(最高点1、 最低点6)の高評価を受けている。

田坂祐介(ボーフム)
対ウニオン・ベルリン戦(1-1△)フル出場
採点:2(最高点1、最低点6)
寸評:ボーフムのベストプレーヤー。何本かのパスミスがあったとはいえ、引き分けに大きく貢献した。相手選手3人をかわして持ち込んだシュートは、GKハースに阻まれてしまったが、そのこぼれ球をジモン・テロッデが同点ゴールにつなげた。田坂から完璧なクロスを受けたマルコ・テラッツィーノは、先制ゴールを決めておかなければならなかった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO