2014.08.24

逆転勝利のハノーファー、現地メディアは酒井宏を「相手の脅威」

ブンデスリーガ開幕戦に出場したDF酒井宏樹(左)とMF清武弘嗣 [写真]=Bongarts/Getty Images

 2014-15シーズンのブンデスリーガ開幕戦が23日に行われ、日本代表DF酒井宏樹と同代表MF清武弘嗣が所属するハノーファーは、同代表DF内田篤人が所属するシャルケと対戦。酒井は先発出場し、清武はベンチスタート、内田は負傷の影響で欠場となった。
 
 ドイツメディア『Sportal.de』が同試合の採点と寸評を発表。フル出場した酒井も、60分からの出場となった清武も採点は共に「3.5」。寸評では、酒井が「危険なクロスを1本も挙げさせなかった」と守備面を評価され、数少なかった攻撃に関しても「相手の脅威となった」と好評価を受けている。一方、清武は「代わった選手と同じレベルではなかった」とされるも、「安定感をもたらし勝利に貢献した」とまずまずの評価となった。

■酒井宏樹(ハノーファー)
対シャルケ戦(2-1○)先発フル出場
採点:3.5
寸評:非常にすばしこいエリック・マキシム・シュポ・モティングに対応するため、守備でやることが手一杯だったが、自身の右サイドで危険なクロスを1本も上げさせなかった。攻撃参加することは殆どなかったが、彼が攻撃に顔を出すと、87分のように、あっという間に相手にとって脅威となった。87分の見事なクロスは、受けたホセルがヘディングシュートをポストに当ててしまったが。

■清武弘嗣(ハノーファー)
対シャルケ戦(2-1○)60分からの出場
採点:3.5
寸評:スタミナの尽きたミーコ・アルボルノスに代わって投入されたが、同じレベルで代役を務めることはできなかった。しかしながら安定感をもたらし、チームが危なげなく勝利を手にすることに貢献。手堅く結果を残した。

 ハノーファーは、31日に行われるブンデスリーガ第2節で、日本代表FW岡崎慎司が所属するマインツと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る