2014.08.24

原口がブンデス開幕戦で2点に絡むもヘルタはドロー…細貝とともにフル出場

原口元気
ドリブルで突破を図る原口 [写真]=Bongarts/Getty Images

 2014-15シーズンのブンデスリーガ開幕戦が23日に行われ、MF細貝萌、FW原口元気の所属するヘルタ・ベルリンとブレーメンが対戦。細貝と原口はともに先発出場となった。

 昨シーズンは11位でリーグを終えたヘルタは、今夏新加入となった原口を4-2-3-1の左サイドハーフで起用。加入2年目の細貝とともにスタメンさせ、ホームでの開幕戦に臨む。一方のブレーメンは昨シーズン12位。上位進出を目指す。

 試合はヘルタがペースを掴むと16分、ロニーの横パスを原口が中盤左サイドで前線にダイレクトでスルーパス。反応したロイ・ベーレンスが深い位置まで進むとクロスボールをファーサイドでユリアン・シーバーがヘディングで合わせ、先制に成功する。

 前半を1点リードで折り返したヘルタは後半開始早々の47分、左サイドをニコ・シュルツが抜け出すと、マイナスのパスをペナルティエリア内左で受けた原口がシュート。これはスライディングでブロックに入ったアサニ・ルキミヤに当たってしまったが、浮いたこぼれ球をシーバーが押し込み、追加点を獲得した。

 劣勢のブレーメンは53分、左サイドの浅い位置でFKを得ると、ゴール前に送られたボールをルキミヤが合わせてネットを揺らし、1点を返す。さらに2分後には、左サイドを崩すと、エルイェロ・エリアのラストパスをフランコ・ディ・サントが決め、あっという間に同点とした。

 ヘルタは84分にヨニー・ハイティンハがセットプレーからヘディングシュートでネットを揺らしたが、ファールがありノーゴール。結局試合はそのまま終了し、2-2のドローに終わった。細貝と原口はともにフル出場した。

 ヘルタは次節、アウェーでレヴァークーゼンと、ブレーメンはホッフェンハイムとホームで対戦する。

【スコア】
ヘルタ・ベルリン 2-2 ブレーメン

【得点者】
1‐0 16分 ユリアン・シーバー(ヘルタ・ベルリン)
2-0 47分 ユリアン・シーバー(ヘルタ・ベルリン)
2-1 53分 アサニ・ルキミヤ(ブレーメン)
2-2 55分 フランコ・ディ・サント(ブレーメン)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る