2014.08.22

今季は日本人11人が在籍…ブンデス新シーズンが開幕、独紙は先発を予想

ブンデスリーガ新シーズンに臨む日本人選手 [写真]=Bongarts/Getty Images、Getty Images

 2014-15シーズンのブンデスリーガが22日のバイエルン対ヴォルフスブルクを皮切りに、幕を開ける。

 日本人選手が多数プレーするドイツだが、今シーズンはトップチーム登録選手11名が在籍する。ドイツ紙『ビルト』は開幕を前に各試合の予想スタメンを掲載した。

 開幕節から日本人所属クラブ同士となる対戦カードは1試合。ハノーファーがホームにシャルケを迎える。昨シーズンを10位で終えたハノーファーは今夏、ニュルンベルクから清武弘嗣を獲得。所属3シーズン目となる酒井宏樹とともに先発予想となった。一方、昨シーズン3位だったシャルケだが、在籍5年目を迎える内田篤人はひざの炎症でプレシーズン、別メニュー調整が続いた。現在全体練習には合流しているが、『ビルト』の先発予想からは外れている。同紙は、清武が「4-2-3-1」の2列目中央、酒井宏が右サイドバックで起用されると見ている。

 今シーズンから渡独した日本人選手は浦和レッズからヘルタ・ベルリンに移籍した原口元気。ホームでブレーメンとの対戦になるが、「4-2-3-1」の左サイドハーフでスタメン予想となった。同僚の細貝萌もボランチの一角として名を連ねている。

 昨シーズンは清武とともにニュルンベルクでプレーした長谷部誠は、チームの2部降格に伴いフランクフルトへ移籍。新天地では乾貴士とともに上位を目指す。ホームでフライブルクと対戦するが、長谷部は「4-2-3-1」のボランチ、プレシーズンで好調なプレーを見せていた乾は2列目中央での起用予想となった。

 日本人の欧州主要リーグ1シーズン最多得点数となる15得点を昨季挙げたマインツの岡崎慎司。ヨーロッパリーグ予備予選とDFBポカール1回戦で敗退し、チーム状態を懸念されているが、岡崎は公式戦3試合で2得点と上々の結果を残している。アウェーで昇格組のパーダーボルンと対戦するが、「4-2-3-1」のワントップでスタメン予想された。

 パーダーボルンとともにブンデスリーガに昇格したケルンには大迫勇也と長澤和輝が在籍。昨シーズンの冬にケルンへ加入し、1部昇格に貢献した長澤はプレシーズンに左ひざのじん帯を断裂し、残念ながら長期離脱が決定。今夏に2部の1860ミュンヘンから加入してきた大迫は、すでに得点やアシストなどを記録しているが、『ビルト』はハンブルガーSVとの開幕戦では先発落ちすると見ている。

 昨シーズンは降格圏ギリギリとなる15位で終えたシュトゥットガルト。酒井高徳は在籍4シーズン目を迎える。アウェーで昨シーズン6位のボルシアMGと対戦するが、酒井高は「4-2-3-1」の左サイドバックに入ることが見込まれた。

 また、昨シーズン王者のバイエルンはホームでの開幕戦でヴォルフスブルクと対戦。『ビルト』は「3-6-1」のフォーメーションを採用すると予想し、新戦力のロベルト・レヴァンドフスキ、ファン・ベルナト、セバスティアン・ローデが起用されると見ている。

 ブンデスリーガの開幕節対戦カードは以下のとおり(左がホーム)

■22日
バイエルン vs ヴォルフスブルク

■23日
ホッフェンハイム vs アウクスブルク
ハノーファー(酒井宏・清武) vs シャルケ(内田)
ヘルタ・ベルリン(細貝・原口) vs ブレーメン
フランクフルト(乾・長谷部) vs フライブルク
ケルン(長澤・大迫) vs ハンブルガーSV
ドルトムント vs レヴァークーゼン

■24日
パーダーボルン vs マインツ(岡崎)
ボルシアMG vs シュトゥットガルト(酒井高)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る