2014.08.21

不運続くシャルケ、ボアテングとフンテラールが練習欠席

ボアテング
20日の練習に参加しなかったボアテング(左)とフンテラール(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

 日本代表DF内田篤人が所属するシャルケに不運が続いている。

 18日に行われたDFBポカールで、3部リーグ所属のディナモ・ドレスデンを相手にまさかの敗戦を喫した同クラブは20日、チーム練習を再開したが、そこに2人の主力選手の姿はなかった。

 ドイツ紙『Revier Sport』によると、ガーナ代表MFケヴィン・プリンス・ボアテングは胃腸炎を患い、練習をキャンセル。そして、オランダ代表FWクラース・ヤン・フンテラールは、ディナモ・ドレスデン戦で相手選手とひざをぶつけたため、練習には参加せず、静養に努めたという。

 同紙によると、23日に行われるブンデスリーガ開幕戦のハノーファー戦には両選手とも間に合う予定とのこと。だが、フンテラールはブラジル・ワールドカップの影響でチーム合流が8月上旬までずれこんでしまい、何よりもまずコンディションを上げていかなければならない状況だけに、不安は募る。

 個人調整を続けていた内田が、同日のチーム練習に合流したのは吉報だが、3部のクラブ相手に敗れ、さらにエースが負傷。シャルケは今まさに“泣きっ面に蜂”といった状態にある。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
31pt
マンチェスター・U
23pt
トッテナム
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
26pt
ライプツィヒ
22pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
インテル
30pt
欧州順位をもっと見る