2014.08.18

ドイツ代表DFバトシュトゥバー、1年8カ月ぶりに公式戦出場

長期離脱から復活を遂げたバトシュトゥバー [写真]=Bongarts/Getty Images

 バイエルンに所属するドイツ代表DFホルガー・バトシュトゥバーが負傷から復帰し、約1年8カ月ぶりに公式戦出場を果たした。

 バイエルンは、17日のDFBポカール1回戦で、3部のプロイセン・ミュンスターと対戦。アウェーで4-1と快勝した一戦で、バトシュトゥバーは先発出場し、79分に交代するまでプレーした。

 バトシュトゥバーは、2012年12月に右ひざの前十字じん帯を断裂。当初は全治6カ月という診断だったが、その後も同箇所を痛め、複数回の手術を受けていた。

 21歳で代表デビューを飾った大型DFだが、現在は25歳。2大会連続となるワールドカップ出場は叶わなかったが、「今日はプレーすることができ、嬉しいよ。とても楽しめたし、勝つこともできた。いい日だったね」と、長期離脱からの復帰を喜んだ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る