2014.08.17

ケルンFW大迫、先制点アシストもゴール決められず独紙は厳しい採点

大迫勇也
DFBポカール1回戦で先制アシストを決めたFW大迫勇也 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドイツのカップ戦、DFBポカール1回戦が16日に行われ、4部に所属するFTブラウンシュヴァイクとFW大迫勇也、MF長澤和輝の所属するケルンが対戦。大迫は先発出場し、長澤は負傷欠場だった。

 ドイツ紙『エクスプレス』が同試合の採点と寸評を発表。大迫は先制点をアシストしたが、採点は「4」と、低い評価となった。また、自身のゴールがなかったため寸評も「見るべきプレーも殆どなかった」と、厳しい評価を受けている。

■大迫勇也(ケルン)
対FTブラウンシュヴァイク戦(4-0○)、先発フル出場
採点:4
寸評:自由に動けた試合で、ゴールを決められず。強い意志を見せることもなく、見るべきプレーも殆どなかった。終了間際にも、好ポジションからのシュートを外した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る