2014.08.15

バイエルンのJ・マルティネス、年内欠場…左ひざ前十字じん帯断裂

ハビ・マルティネス
ドルトムント戦で負傷したハビ・マルティネス [写真]=VI-Images via Getty Images

 バイエルン所属のスペイン代表MFハビ・マルティネスが、左ひざ前十字じん帯断裂と診断された。クラブの公式HPが伝えている。

 ハビ・マルティネスは、13日に行われたドイツ・スーパーカップのドルトムント戦で負傷。31分に左ひざを痛めて途中交代を強いられた。クラブの発表によると、同選手は年内の全公式戦を欠場することになる見通しで、近日中にもアメリカに渡って手術を受けることとなる。

 なお、ハビ・マルティネスは、「当然、今は深い悲しみを覚えている。でも心配は無用だ。さらにパワーアップして戻ってくるよ」と、クラブ公式HPを通じてコメントした。また試合後には、自身のフェイスブックを更新し、「全てのサポートに感謝」と綴られた投稿における動画の中で、「99パーセント、十字じん帯断裂だ」と、負傷について明かしていた。

 ハビ・マルティネスは1988年生まれの25歳。2006年からアスレティック・ビルバオでプレーし、2012年にバイエルンへ移籍した。ブラジル・ワールドカップでは、スペイン代表の一員として1試合に出場した。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る