FOLLOW US

古巣戦で黒星のレヴァンドフスキ「ドルトムントが上だった」

競り合うレヴァンドフスキ(手前) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドイツ・スーパーカップが13日に行われ、昨シーズンにリーグとカップの2冠を達成したバイエルンは、ドルトムントと対戦。バイエルンは、ドルトムントのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンとガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンにゴールを許し、0-2で敗れた。

 今夏にドルトムントからバイエルンに加入したポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキはフル出場。黒星について、「これが初めての公式戦だったが、準備面から難しい試合だった。勝ちたかったが、今日はドルトムントの方が上だったね」とコメント。古巣を称えた。

 次戦は、17日に行われるドイツ・カップ1回戦のプロイセン・ミュンスターとの試合。「次はカップ戦に照準を合わせなくてはいけない。しかし、今日よりはかなり良い試合になると思っている」と先を見据えた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO