FOLLOW US

負傷交代のハビ・マルティネス、左足前十字じん帯断裂で長期離脱か

ドルトムント戦で負傷交代したハビ・マルティネス(中央下) [写真]=Bongarts/Getty Images

 バイエルン所属のスペイン代表MFハビ・マルティネスが、13日に行われたドイツ・スーパーカップのドルトムント戦で負傷。長期離脱を強いられる見込みとなった。ドイツ誌『キッカー』が伝えている。

 ドルトムント戦に先発出場したハビ・マルティネスは、31分に左ひざを痛めて途中交代を強いられた。同選手は試合後、自身のフェイスブックを更新。「全てのサポートに感謝」と綴られた投稿における動画の中で、「99パーセント、十字じん帯断裂だ」と、負傷について明かした。同誌は、ハビ・マルティネスが14日にも手術を受けることになると報じている。

 ハビ・マルティネスは1988年生まれの25歳。2006年からアスレティック・ビルバオでプレーし、2012年にバイエルンへ移籍した。ブラジル・ワールドカップでは、スペイン代表の一員として1試合に出場した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO