2014.08.11

フンメルス、ドルトムントの新主将に就任…マンUが関心との報道も

フンメルス
ドルトムントの新主将就任が決まったフンメルス [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドルトムントを率いるユルゲン・クロップ監督は10日、2014-2015シーズンのキャプテンに、ドイツ代表DFマッツ・フンメルスを指名したことをクラブの公式サイトで発表した。
 
 ドルトムントは、2008年から元ドイツ代表MFセバスティアン・ケールがキャプテンを務めてきた。だが、2014-2015シーズン限りで現役を引退する意向を表明した同選手は、7月に行われたプレシーズンの合宿で「後継者を、言葉と行動で常にサポートするよ。僕の姿勢は変わらない。バトンを次に渡したいんだ」と、キャプテンの座を退く考えであることを明かしていた。
 
 なお、昨シーズンから副キャプテンを務めていたフンメルスのキャプテン就任によって、新シーズンの副キャプテンには、ドイツ代表GKロマン・ヴァイデンフェラーと同代表MFマルコ・ロイスが就任することも決定している。
 
 今夏の移籍市場でマンチェスター・Uが獲得を狙っているとの報道があったフンメルスだが、今回のキャプテン就任により、ドルトムント残留が濃厚となった。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る